FC2ブログ

〈魔界都市ゴデス〉―女王ミスティ

皆さま、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、年末早々他社の宣伝か…?
違います!
違いますっっっっ!!!!

とうとう、とうとう、とうとう・・・・(しつこい)
魔界都市が弊社を襲う!?(←だいぶ錯乱している)

ということで菊地秀行先生の新作のご紹介です。



〈魔界都市ゴデス〉―女王ミスティ

おれは芥千里平(あくた るりへい)。
〈新宿〉じゃあ、ちっとは知れた「何でも屋」さ。
核兵器の調達から風俗店への女の紹介まで、〈新宿〉のことなら何だって任しときな。
こんなおれに、史上最悪のトラブルが降りかかってきたのは、ある冬の1日だった。
その日、おれは〈新大久保〉にある故買屋を訪れた。
色んなところから、訳のわからない品物を買い取っては陳列するその店で、おれは泥だらけの木棺に目を止めた。
店主の話だと〈亀裂〉の底から掘り出した品だという。
十年以上前、米軍のジェット輸送機が墜落した際、行方不明となった品だ。
何かピンときたおれは、中身も見ていないという棺を二束三文で買い取って、マンションの駐車場へ運ばせた。
木の蓋と本体の合わせ目には、子供たちのものらしい手の痕が残っていた。血の痕だ。
はたして、古代エジプトの呪法を施すと、そいつは中から現われた。
屍衣をまとった古代エジプト女王ミスティのミイラだ。
甦ったミスティは、おれから現代の話を聞き、〈新宿〉を自分の領土と宣言する。
そして、意に背く〈区役所〉の職員や警官、やくざどもを次々に叩き殺していく一方、勝手に律法を定め、奇妙な善政を敷いていくのだった。

その頃、米ニューヨークでは古代ミスティと対立し、惨殺された王ジュールの生まれかわりの大富豪サザンロードがジュールとして眼醒め、古代の戦士と最新の兵器を携え、〈新宿〉を訪れる。
せつらは〈区外〉に出ており、メフィストもいない。
ジュール=サザンロードの超科学兵器とミスティの魔力が〈新宿〉を舞台にぶつかり合う。
おれは何度も逃げようとするがミスティは離さない。
ついにジュールの魔手はおれへと伸びてくる!?




嘘じゃありません。
原稿もいただいております。
ということで発売予定は、3月!(かも?)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邪神の巫女

Author:邪神の巫女
クトゥルー様にお仕えしています。
クトゥルー様の教えを記した経典作りと宣教に日夜励んでいます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ