スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牧野修先生の「呪禁官」シリーズ外伝、いよいよ執筆開始!

牧野修先生より新作書下ろしのプロットをいただきました!

「呪禁官」シリーズ外伝は現在も祥伝社様から発行されている人気シリーズです。
巻数は記載していませんが、1巻にあたるのが「呪禁官」、そして1巻では訓練生だった主人公葉車創作(ギア)が新人として活躍するのが2巻にあたる「呪禁局特別捜査官 ルーキー」です。

今回書き下ろしていただく作品は、同じく呪禁官だった葉車創作のお父さんとその相棒捜査官龍頭(1巻、2巻にも登場)のお話で

タイトルは
『月下、百怪ト夜行セヨ!』

↓いただいたプロットはここから

それは魔法と科学が共存する世界。魔法は日常的に普通の技術として使われていた。
その世界で呪術的な犯罪を取り締まるのが呪禁官たちだ。

 その日捜査官たちの努力が実を結び、凶悪な魔女集団『アラディアの鉄槌』のリーダー相沢螺旋香(あいざわねじか)の隠れ家が見つかった。
駆けつけた呪禁官たちは多数の犠牲者を出しながらも彼女を逮捕することに成功する。
 螺旋香はすぐに魔力を封じる特殊な監獄グレイプニルへと送られることになる。
だがその日の夜は魔女が最大の力を手に入れるヴァルプルギスの夜。
日が暮れるまでに魔女を監獄まで送り届けなければ、彼女は強大な魔力を手に入れ呪禁官の手から逃れることになるだろう。
ところが、『アラディアの鉄槌』からの度重なる妨害によって、とうとう道中で日が暮れてしまう。
たちまち護送車を襲う千の黒山羊たち。魔女相沢螺旋香の正体は、邪神シュブ=ニグラスだったのだ。
激戦の結果、結界を張った護送車から螺旋香が奪われるのは阻止したが、護送部隊もほぼ壊滅した。

 生き残った呪禁官は若き女性捜査官龍頭とその相棒葉車の二人だけ。
そしてたまたま見学に来ていた呪禁官養成所の少年たちと、魔女とともに護送されていた魔術犯たちを巻き込み、邪神シュブ=ニグラスの千の眷属たちとの戦いが始まる。

 彼らは無事に螺旋香を監獄グレイプニルに送り届けることはできるのか。


↑ここまで

発売予定は春!
待ちきれない人は、先に「呪禁官」シリーズを読んでお待ちくださいませ!

『呪禁官』
葉車創作(ギア)は、呪禁官になるべく養成学校で訓練に励んでいた。「呪術」が政治的経済的にも重要視される今日、呪禁官は違法呪的行為を取り締まる査察官だった。呪術廃絶を標榜する科学者集団や、不死者との魔戦が始まる。

『呪禁局特別捜査官 ルーキー』
“クトゥルー”と名づけられた世界初の霊的発電所の周辺で呪的災害が頻発した。緑色に腐敗した巨大な赤ん坊が近隣の街を破壊したのだ。この種の災害や違法な呪的犯罪を取り締まる呪禁局特別捜査官に緊急出動命令が下る。新人の葉車創作(ギア)は、災害の裏に、大鴉を操って先輩の龍頭麗香を殺したサイコムウの暗躍を知る。その狙いが発電所の破壊と気づいた葉車たちは厳戒態勢に入る。そこへ狂信的な科学武装集団が侵入。世界の破滅を目論む邪悪な生命体と壮絶な魔戦が始まった…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邪神の巫女

Author:邪神の巫女
クトゥルー様にお仕えしています。
クトゥルー様の教えを記した経典作りと宣教に日夜励んでいます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。