スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日深夜は菊地秀行先生のトークイベント!

本日深夜12時から、恒例菊地秀行先生のトークイベントです!

実はこのイベント、年に5回、もうずーっと10年以上続いているイベントなんです。
主催は菊地秀行先生ご自身です。
ファンクラブで告知されていますが、どなたでもご参加できます。
ご予約も必要ありません。
今晩、12時に新宿ロフトプラスワンにふらりといらっしゃればOK!
詳細はこちら
http://homepage2.nifty.com/kikuchi-fanclub/ibento.html

トークイベントは毎回「テーマ」があって、
そのテーマの映画のダイジェストを菊地先生が編集して作ってくれます。
そのダイジェストを見ながら、菊地先生とゲストの方が解説してくださる。
今日のテーマは「吸血鬼ドラキュラ」でゲストは石田一先生です!

具体的にどんなイベントなの?ということで前回、5月31日に開催したトークイベントの様子をご紹介。
ちなみに5月31日のテーマは「ホラー」で、ゲストは笹川吉晴先生でした。

オープニングの様子はこちら
0531kikuti.jpg

もう、楽しそうな菊地先生を見てるだけで私たちも楽しくなっちゃいそうでしょ?w

上映した映画のリストはこちら

<ミステリーゾーン>
「墓」
「死ぬほど愛して」

<幽霊と共に消えて>

<怪奇大作戦>
「死者がささやく」

<レイ・ブラッドベリ劇場>
「霊界からの訪問者」
「湖」

「墓」は西部の町で、男たちが肝試しみたいなことに挑戦する話w
一人の男が真夜中にお墓に行くんだけど、突如倒れて死んじゃう。
朝来た男たちは、「コートの裾を踏んで倒れて頭打ってしんだんだろう」と。
こう書いちゃうとなんかマヌケなんだけど、夜の墓場の雰囲気がとっても怖い。

「死ぬほど愛して」はロカビリー歌手がある町を訪れ、
女が歌っていた歌を自分のものにしようとして殺される話。
まずタイトルが怖いと思ったw
そして、かなり初めのほうで、まだ生きているこの歌手の名前が刻まれた「墓」が出てくる。
あと、このお姉さんを口説いて町から連れ出そうとするんだけど
それはいかにも薄情で、「おまえなんか死んでしまえー!」と心の中で言ったら
本当に殺されちゃったw

「死者がささやく」は、仮面ライダーのおやっさんが刑事役で出ていて、
まだ若いはずなのに「おやっさん」だったのに感動した。
そして、「すみこ」という名のはずの女が最後のクライマックスのシーンで
「じゅんこ!」と呼ばれて驚いた。
デジャーブー!とはこのことです。
この台本…もしかして菊地先生が書いたのでは?と思ってしまいました。
(今、打ってる原稿も「王仁三郎」が途中で「王仁五郎」って出てくるし^^;)
きっと台本には「純子」と書かれていたのでしょうね。

そして、
「日本にSFが根付いたのはブラッドベリがいたからだ」という菊地先生の解説の後
「霊界からの訪問者」が始まる。

私はその後の「湖」が大好きでした。
漁師?さんが遺体をあげた時の主人公との会話もよく覚えていて懐かしかったです。
実は映画を観るのは初めてで、
原作では、最後この主人公は新妻に対する愛は奇麗さっぱりなくなったはずなのですが、
映画では、最後まで抱き合って仲良くしてました。
その方が筋として一般受けするのかなー?
それよりなにより!ものすごく驚いたのは!
私、こんなに会話とか細かく覚えているのに
「湖」
だって、全然思ってませんでしたorz

これ読んだのって20年以上前かな…^^;


映画上映の後は、菊地先生のサインタイム。
みんなで並んでサインしてもらっていました。
私もそのつもりだったのですが、この日、実はサインしてもらおうと思っていた本を
玄関に置き忘れてきてしまって(大泣き)!

ということで、トークライブ、とっても楽しいから皆さんぜひ来てくださいなー!
今回私は会場できくちひどゆき画伯のTシャツを売ってますworange.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邪神の巫女

Author:邪神の巫女
クトゥルー様にお仕えしています。
クトゥルー様の教えを記した経典作りと宣教に日夜励んでいます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。