スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「闇のトラペゾヘドロン」先行販売@幻獣神話展

もうい~くつ~寝~ると~、・・・ではありません!
昨日から渋谷Bunkamuraギャラリーで「幻獣神話展」が開催されておりますが、
なんとこちらでCMF最新刊「闇のトラペゾヘドロン」の独占先行発売を行っております!
もちろんポストカードつき!
トラペゾヘドロン
(クリックすると拡大)

5月に銀座スパンアートギャラリーで「クトゥルー神話展」が開催されましたが
この「幻獣神話展」はその拡大版!
なんと50人以上の画家の方々の絵が展示されています。

そしてなんと、我らがCMFの小島文美先生も原画を2点提供されています。
作品はこれ
ダンウィッチの末裔
チャールズ・ウォードの系譜
(クリックするとカバーが見れます)

そして会場では上記2点に加え、「妖神グルメ」の3点のクリアファイルと、
幻獣神話展特別ポストカードセットを販売しています!
ポスカ
どこが特別かというと・・・ご覧になるとわかるとおり、既刊本のポスカ3枚に加えて
山田剛毅先生の浮世絵ポスカと二木靖先生の「九相図」ポスカが入っています!

クリアファイルは1枚500円(税別)、ポスカは5枚セットで700円(税込)です。
(高くてすみません、でもこれでも製作費入れると大幅赤字なんです><)

小島先生の原画が見られるチャンスなんて、もう何年先になるかわかりません!
ぜひぜひ皆さん足をお運びください。

「幻獣神話展」の詳細はこちら
開催期間」:2014/8/20(水)~8/27(水)
場所:渋谷Bunkamura Gallery
入場無料
http://www.bunkamura.co.jp/gallery/exhibition/140820_chinjyu.html
スポンサーサイト

8月2日寄席イベント来場者特典のお知らせ

明日はいよいよ深川江戸資料館で、ホラー作家が書き下ろした脚本による寄席イベントですよ!
演者は月亭文都さんです。
落語のあとは、先生方のトークもあるそうで、CMF読者にとっては
抱腹絶倒の牧野先生と田中啓文先生の漫談が聞けるまたとないチャンスです!
寄席チラシ
(クリックすると拡大)

実は私、休み時間と、終了時間にロビーの片隅で両先生の書籍
『ダンウィッチの末裔』、『クトゥルーを喚ぶ声』、『呪禁官 百怪ト夜行ス』を販売することになりました。
ということで特典をご用意!
まずご来場の希望者全員に、今年発売予定の『クトゥルフ少女戦隊』(山田正紀著)
「狂気山脈」オマージュアンソロジーに掲載する予定の「頭山脈」(北野勇作著)
それぞれ冒頭を収録した小冊子をプレゼント!
こちらは販売ブースにおいでなり、「小冊子を……」とおっしゃっていただければお渡しします。
小冊子0802


そして、「灰頭年代記」の主人公が書いたというスクラップブック。
牧野先生が手書きでご用意くださったものをコピーしたもので、
持っているだけで呪われそうなメモです。
こちらを、なんと当日会場で『ダンウィッチの末裔』をお買い求めくださった方全員に
漏れなくお渡しします!
amisadamemo (1)
(クリックすると拡大)

最後に、先週発売になったばかりの『無名都市への扉』の解説。
これまで巻末に収録していたのですが、今回はまさかの「原稿オチ」。
まあ、別にそう読みたい人もいないだろうし、と思っていたのですが、
お情けで「読みたかったのに」と言ってくださった方もいらして、
それならちょっぴり書いた分だけでもお渡ししようかと思い立ちました。
ホッチキスで閉じて画用紙の表紙という手作りです^^;
(……をただいま鋭意制作中(汗;)
こちらは、当日書籍を販売できないので、
「無名都市への扉」のクイズに正解した方にのみお渡しします。
クイズ問題は・・・
(1)収録された岩井志麻子先生の作品タイトルはなんでしょう?
(2)図子慧先生の作品に登場するアイドルの名前はなんでしょう?
(3)宮澤先生の作品であるシナリオの舞台となったのは、どこでしょう?
以上、3問全てに正解すると解説の小冊子をお渡しします。

肝心の寄席イベント「お江戸でハナシをノベル」ですが
深川江戸資料館で13時開場。
予約すると3000円、当日3500円
です。
お時間がある方、ぜひ遊びにいらしてくださいませ!
プロフィール

邪神の巫女

Author:邪神の巫女
クトゥルー様にお仕えしています。
クトゥルー様の教えを記した経典作りと宣教に日夜励んでいます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。